自由きままに芸術鑑賞

自由気ままに芸術鑑賞

~舞台人による、舞台人のための鑑賞記録~

TOP

こんにちは! 管理人のあきかんと申します。 「自由気ままに芸術鑑賞」へお越しいただきありがとうございます。 本サイトでは、私が今までに鑑賞してきた作品についての感想を評論も含めて記述しています。 同じ作品をご覧になった方の視点も是非伺いたいと…

『パリのアメリカ人』をKAATで観た感想

やっと、観に来ました。 映画『巴里のアメリカ人』の印象が強すぎて、ミュージカルを観るのをいささかためらってはいたものの、気にはなるなぁということで、いざ鑑賞。友人を誘ってKAATまで足をのばしてきました。(観劇日:2019年5月23日)

映画『巴里のアメリカ人』を観た感想

劇団四季で『パリのアメリカ人』をやると知ってから、まずは映画を観て予習しておこうとレンタルビデオショップへ急いだ。 何の事前知識もなしに借りた作品だったが、私になかなかのインパクトを残していったたので、紹介しようと思う。

KAATで『パリのアメリカ人』鑑賞後に立ち寄ったカフェ

『パリのアメリカ人』を観に行こう…!と友人を誘っていざ横浜へ。観劇後に山下公園の方へ歩いて行ったら、海をのぞめるちょっと昭和レトロな喫茶店に巡り合いました。

KAATで『パリのアメリカ人』鑑賞前に立ち寄ったレストラン

『パリのアメリカ人』を観に行こう…!と友人を誘っていざ横浜へ。 久々の横浜なので、ランチをどうしようか悩んでいたのですが、パリの雰囲気を味わいたいよねということで、素敵なお店を見つけてくれました。

『キンキーブーツ』を東急シアターオーブで観た感想

三浦春馬と小池徹平がキャスティングされているという点でもかなり注目されている『キンキーブーツ』。日本でも再演に再演が重ねられている作品だ。 内容的に気にはなっていた作品ではあったものの、観に行くきっかけがつかめず先延ばしに...そして今回お誘…

東急シアターオーブで『キンキーブーツ』鑑賞後に立ち寄ったカフェ

2019年5月3日、ゴールデンウィークのど真ん中。東急シアターオーブで公演中のミュージカル『キンキーブーツ』を観劇してきました。 渋谷ヒカリエの中にある劇場ということで、観劇後はヒカリエの中のカフェでお茶する事にしました。 今回はチョコレート専門…

東急シアターオーブで『キンキーブーツ』鑑賞前に立ち寄ったレストラン

2019年5月3日、ゴールデンウィークのど真ん中。東急シアターオーブで公演中のミュージカル『キンキーブーツ』を観劇してきました。 渋谷ヒカリエの中にある劇場ということで、ランチはヒカリエの中ですることに決めていましたが、初めて行く劇場ということも…

『HAMILTON(ハミルトン)』をニューヨークで観た感想

あぁ、そうだ、これなんだ、私の観たかった景色は...緞帳で隠すことなく露わになった木目の舞台、そこに差すエロチックな色の照明、そしてここで起きる「事件」を一目見ようと埋め尽くす人々... 不思議なことに、アウェー感は全くなかった。だからといってホ…

『アラジン』をブロードウェイで観た感想

ブロードウェイで観たミュージカル『アラジン』。 そこには自分が想像しなかった2つの素晴らしさがあった。 ※ミュージカル『アラジン』の歌詞解説については、こちらをご覧ください。 目次: エンターテインメントの本場 終演後の募金活動 エンターテインメ…

『ハミルトン』を公演!リチャード・ロジャース劇場ってどんなとこ?

旅行の目的はもちろん『ハミルトン』。 劇場の前に立って、武者震い…。あぁ、この劇場に足を踏み入れたら、どんな世界が待っているのだろう、どんな自分が待っているのだろう… 『ハミルトン』を上演している劇場、Richard Rogers Theater(リチャード・ロジ…

『アラジン』を公演!ニューアムステルダム劇場ってどんなとこ?

ブロードウェイでのミュージカル初鑑賞は、New Amsterdam Theater(ニュー・アムステルダム劇場)で『Aladdin(アラジン)』だった。 そこがどんな劇場だったのかを紹介する。

American Museum of National Histroy/アメリカ自然史博物館

博物館が好き。実際に生きていた動物の骨や剥製を見ることが出来て、実際にこの地球上にこんなに大きなものが存在したんだって、分かるから。 地球の外に広い宇宙があって、私の知らない世界があるってことが分かるから。 国立科学博物館のワクワクを期待し…

The Museum of Modern Art(MoMA)/ニューヨーク近代美術館

ニューヨークと言ったら世界の最先端、世界の最先端美術と言ったらMoMA…。 現代美術とはどういうものなのか知るべく、行ってきました!

The Metropolitan Museum of Art/メトロポリタン美術館

ドキュメンタリー映画『メットガラ ドレスをまとった美術館(The First Monday in May)』の舞台にもなった、メトロポリタン美術館。 『プラダを着た悪魔(Devil Wears Prada)』のモデルとなったアナ・ウィンター主催のこの「メットガラ(Met Gala)」に非…

Neue Galeriel/ノイエ・ギャラリー

ニューヨークは美術館が本当に多く、限られた滞在時間でどこへ行くべきか悩んでしまう。が、リストアップには是非ここを入れたい。 そう、「ノイエギャラリー」だ。 誰もが一度は目にしたことがあるであろうクリムトの原画を、この目で見ることが出来るのだ。…

National September 11 Memorial/9/11 メモリアル

ニューヨークに足を運ぶことがあれば、芸術鑑賞以外に訪れたい場所があった。そう、あの惨劇なテロの跡地となった「グラウンド・ゼロ(ground zero)」だ。 2001.9.11。この年、私は3年ほど生活していたヨルダンの地から日本に帰国した。 そこから約半年…。…

Guggenheim Museum/グッゲンハイム美術館

知らなかった、こんな美術館があるなんて。 ニューヨーク旅行に際し、美術館巡りをすることになっていたのだが、私だけのひとり旅であったらここには行かなかったかもしれない。 何故なら、こんな建物が世の中に存在するなど、到底想像もしなかったからだ。 …

相田みつを美術館

特徴的な「の」という字を書く人。人生を達観したような詩を書く人。それが私にとっての相田みつおだった。

『カフェ・ミュラー』-ピナ・バウシュ

コンテンポラリー・ダンスとは、時にとてもシンプルで、シンプルすぎるが故に、内面が浮き彫りにされることがある。 この作品もその類と言っていい。ピナの作品の中でも際立って、儚く、切ない作品だ。

mico* 2016年個展『海の花 宙の種』/~色んな差し入れ頂きました~

集まる人、集まる差し入れ…。mico*個展に集まった差し入れの数々を一挙公開します。来て頂いた皆さま、有難う。沢山の差し入れ、有難う。※随時更新

mico* 2016年個展『海の花 宙の種』/~他にあった、こんな作品~

1つ1つに見入ってしまって、いつしか全体を見渡すことを忘れてしまう今回の個展…こんな作品もあったよ、というのを写真でご紹介します。※随時更新

mico* 2016年個展『海の花 宙の種』/~mico*とコラボしたアーティスト~

落ち葉が降る表参道を、今日もまたうつ向きながら歩く。喧騒にまみれ、言葉や体のぶつかり合いを避けながら、ただ、ひたすらまっすぐに、少し、足早に。

mico* 2016年個展『海の花 宙の種』/~mico*×AKIKA~

mico*はどんな想いで日々ジュエリーを紡いでいるのだろうか…どういった世界を頭の中で描き、何を胸に作品と向き合っているのだろうか…それは彼女の作品を手にしたことがある者ならば、一度はよぎった疑問だろう。

mico* 2016年個展『海の花 宙の種』/~初日を終えて~

例えばもし、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星の惑星を一度に肉眼で見ることが出来たならば、それはあまりに贅沢な夜空で、それぞれの美しさは霞んでしまうのだろうか。それとも個々の主張の激しさに、目を閉じてしまいたくなるのだろうか。

mico* 2016年個展 『海の花 宙の種』/~mico*との出会い~

ジュエリーアーティストmico*として活動するようになって早5年。この5年目という節目の年が、私にとっても意味あるものになるとは、容易には想像できなかっただろう。

ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー

今回はディズニー好きと行ったのが救いだった。恐らく、1人で行っていたら半狂乱になっていただろう…

ハリーポッター イン コンサート

今もなお、愛され続けているあの名作「ハリー・ポッター」。その映画音楽を生演奏し、映画を上映する企画があった。 以前も「ウェスト・サイド・ストーリー」で同企画があり鑑賞したことがあったため、今回もと抽選チケットに応募し、見事鑑賞のチャンスを得…

ポール・スミス展“HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH”

ずーっと気になっていたポール・スミス展。開催期間ぎりぎりで鑑賞することが出来た。 私自身、ポール・スミスという人物について詳しく知っている訳ではなかったが、いつの頃からか興味を持つようになり、ワンピース2点、Tシャツ1点、鞄1点、そしてパス…

『pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

久しぶりに広げた真っ赤なパンフレットを繰るごとに、身体の髄からぞわぞわと鳥肌が立ち始めた。 本を持つ手はわなわなと震え、涙がぼろぼろとこぼれ落ちた。 それは私が感動とか感激といったありふれた感情を覚えたからではない。ピナによって植え付けられ…