自由きままに芸術鑑賞

自由気ままに芸術鑑賞

~舞台人による、舞台人のための鑑賞記録~

バレエ

『カフェ・ミュラー』-ピナ・バウシュ

コンテンポラリー・ダンスとは、時にとてもシンプルで、シンプルすぎるが故に、内面が浮き彫りにされることがある。 この作品もその類と言っていい。ピナの作品の中でも際立って、儚く、切ない作品だ。

『pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』

久しぶりに広げた真っ赤なパンフレットを繰るごとに、身体の髄からぞわぞわと鳥肌が立ち始めた。 本を持つ手はわなわなと震え、涙がぼろぼろとこぼれ落ちた。 それは私が感動とか感激といったありふれた感情を覚えたからではない。ピナによって植え付けられ…

『チャイコフスキー記念 東京バレエ団<ニジンスキー・ガラ>』

ニジンスキー・ガラ。 「ガラ」とはフランス語で「特別な催し」の意味。本公演は、ニジンスキーが振り付け、かつてニジンスキーが踊った、計4作品を一公演で堪能できるという、「特別」と言うに相応しい公演であった。 実に贅沢な140分、ニジンスキー色に染…

『春の祭典』-ピナ・バウシュ

ストラヴィンスキーの『春の祭典』にひと聴き惚れをしたのは私が学生の頃。 こんなバレエ音楽がクラシックにあっていいのかと困惑しながらも打ちのめされ、ストラヴィンスキーの世界にのめり込んだ。 初演時はニジンスキーが、現代ではモーリス・ベジャール…

『ボレロ』-モーリス・ベジャール

モーリス・ベジャールという人物と初めて出会ったのは、バレエを習っていた友達が貸してくれたドキュメタリーDVDだった。 モーリス・ベジャール。 耳に心地良いその名の響きと、強面にも見える顔に鋭くも優しく輝く目。それが振付師モーリス・ベジャールの第…

『牧神の午後』-ヴァーツラフ・ニジンスキー

この作品のどれだけ観たかったことか。話を聞けばバレエらしからぬ平面的な動きをするという、本を読めば高さのないバレエだという。