自由きままに芸術鑑賞

自由気ままに芸術鑑賞

~舞台人による、舞台人のための鑑賞記録~

東急シアターオーブで『キンキーブーツ』鑑賞前に立ち寄ったレストラン

2019年5月3日、ゴールデンウィークのど真ん中。東急シアターオーブで公演中のミュージカル『キンキーブーツ』を観劇してきました。

渋谷ヒカリエの中にある劇場ということで、ランチはヒカリエの中ですることに決めていましたが、初めて行く劇場ということもあり、ランチの場所は同行者にお任せしました。

そうしたら...とっても美味しくて健康的なランチにありつけたのでご紹介します。

目次:

f:id:love-performing-arts:20190520114411j:plain

 

シアターオーブにて『キンキーブーツ』を鑑賞

東急シアターオーブは、ヒカリエの11階にある劇場です。

ヒカリエにはレストラン・カフェはもちろんのこと、雑貨店や洋服店、ギャラリーなどが充実しているので、観劇前の待ち合わせや食事、観劇後のお買い物などにとっても適しています。便利ですね。

東急シアターオーブ

 

今回観劇した『キンキーブーツ』は日本でも何度も公演されている人気作の1つです。その奇抜さと心温まる物語に、リピーターになる方も多いのではないでしょうか。

 

感想はこちらの記事をご覧下さいね。

 

物語のあらすじや解説についてはこちらの記事をご覧ください。

 

d47食堂

このレストランはヒカリエの8Fにあります。

日本各地、47都道府県の食にこだわったレストランで、生産者や作り手の想いを提供しているお店です。

お店自体はとても質素ですが、食材、メニュー、器の1つ1つに熱いこだわりを感じました。

オープンは11:30〜ということで、当日11:00ちょっと過ぎに着いた私達はギャラリーを見たりして時間を潰していたのですが、ものの15分程度で長蛇の列が!そこまで大きなお店ではないので、入れないかもしれないとヒヤヒヤしていたのですが、ギリギリ何とか入ることが出来ました。(入れていなかったら13:00の開場に間に合わなかった...)

ランチは定食がメインで、私は月替わりメニューの「麹づくし定食」に決めましたよ。

 

麹づくし定食(1,680円)

手づくりトマト塩麹に漬け込んだ、ジューシーな鶏肉、青森に伝わる二次発酵納豆「ごど」、「三五八漬け」、寺田本家の酒粕で作った「白味噌粕汁」、新潟の発酵調味料「かんずり」。麹の様々なバリエーションを楽しめます。
4月のメニュー(d47食堂)

 

 

感想

うは~!こんな健康的な定食、なかなか食べられない気がする…!

まず、一番体に染みわたったのが酒粕で作った白味噌粕汁。そもそも白味噌の味噌汁を日常的に食べることがない上に、粕汁であるという素晴らしさ!かなり酒粕の味がしましたが、私は好きなので大歓迎です。口にしているだけで、日本の原風景を感じさせるものでした。

また、トマトと塩麹ってこんなに合うんだな…という新鮮な印象だったのが鶏肉で、とっても柔らかくご飯が進みました。

付け合わせのごど、三五八漬け、かんずりも珍しいものばかりで、このレストランに来なければ出会わなかったかもしれないなぁと思いながら一口一口頂きましたよ。

レストランが8Fにあり、東急シアターオーブが11Fなので、開演時間ギリギリまでゆっくりできるのもメリット。ガラス張りの店内で渋谷の景色を眺めながら、ゆっくり食事をとることができました。

あまりの居心地の良さに、開演に遅れないように注意してくださいね。

 

カフェ情報はこちらから…