自由きままに芸術鑑賞

自由気ままに芸術鑑賞

~舞台人による、舞台人のための鑑賞記録~

mico* 2016年個展『海の花 宙の種』/~mico*×AKIKA~

mico*はどんな想いで日々ジュエリーを紡いでいるのだろうか…どういった世界を頭の中で描き、何を胸に作品と向き合っているのだろうか…それは彼女の作品を手にしたことがある者ならば、一度はよぎった疑問だろう。

 

今回の個展では、その疑問に彼女が返答している。

お客様と出会い、何を感じ、何を見て形になっていくのか…「無数」から「ひとつ」をすくいだし、どのように「無」から「有」を紡いでいるのか…それが原画と言葉という形で、会場中央に展示されているのだ。

ジュエリーのオーダーを頂いた際に、mico*が大事にしているのは6つの工程。

  1. はじまり
  2. 感じる
  3. 説く
  4. うみだす
  5. 届ける
  6. いきる

そんな重要な詩の訳を、この度mico*に依頼頂くことが出来た私。

世界観ははっきりと掴んでいるのに、なかなかフレーズが作れない。言葉と向き合っていくうちに、何の言葉になんの単語を当てはめようかと、途中、半ば作業のようになってしまっていることがあった。

しかしそれではいけない。英訳というのは単語を選ぶ作業ではなく、世界観に合う単語を選択していくということ。そう思い直して、mico*から聞いたこと、彼女の日常、そして作品を思い出し、もう一度言葉と向き合った。

初めての英訳で、緊張も不安もあったが、今mico*の作品の中心部に触れられて感慨深い思いだ。

想いを形にした絵画と詩。是非、英語訳と合わせて見て頂きたい。

 

*個展の様子*

mico*が原画と詩が、奥から手前へと並ぶ。

f:id:love-performing-arts:20161122164135j:plain

『はじまり』の詩をご紹介。(続きは是非会場でご覧ください)

f:id:love-performing-arts:20161122164543j:plain

『はじまり』
全てのはじまり
あなたがいる わたしがいる
はじめての言葉を交わす

声を聞く
その響きが懐かしい

見つめる
再びのこんにちは

 

“beginning”

you, here
I, here
give the first word to each other

this is the beginning of everything

your sound
touches the memory I owned
making me feel it’s never the first
so I say hello again like I said long past
facing you eye-to-eye

 

「mico*のバイブル」とも呼べる、ブックレット。中にはブランドコンセプト(和英)と、先の6工程がカラフルな文字と絵画でまとめられている。ブランドコンセプトも今回担当させて頂いた。

f:id:love-performing-arts:20161122164913j:plain

今回mico*とコラボした作家さんにもじっくり見て頂けて、感無量…前のテーブルでお茶をしながら見るのも良いかもしれない。

f:id:love-performing-arts:20161122175104j:plain

詳細

タイトル/mico* 2016年個展 『海の花 宙の種』
日にち/2016年11月20日(日)~26日(土) 25日(金)
時間/11:00~18:00 19:00(最終日16:00)
場所/ペリーハウスギャラリー

※会場側の都合により、やむなく最終日が1日繰り上がりとなりました。そのため、各日の時間を1時間延長しております。ご予定を作って頂いた方大変申し訳ございません。(2016.11.18更新)


↓ mico*のサイトはこちら


↓ mico*作品の一部をご紹介

f:id:love-performing-arts:20161115143210j:plain

f:id:love-performing-arts:20161115143200j:plain

* 是非「いいね!」や「ツイート」をお願い致します
facebookページ「LOVE performing arts」への参加も宜しくお願い致します